一子プロフィール

中田 一子(なかだ いちこ)

プロフィール

歌手。ガムラン演奏家。東京都出身。東京藝術大学音楽学部楽理科卒。
世界の色々な歌を日本語化し、オリジナル作品をまじえて、
ピアノとジャワガムラン楽器で弾き歌う。
また日本製のガムラン楽器を含めたユニークなガムラン体験講座を各地で行う。
ガムラン演奏グループ「ガムランゴング」主宰。
屋号「中田音楽」にて音楽活動を行う。

大学在学中より、インドネシアのジャワガムランの歌と演奏を学び、
1989年より、東京 青山の「こどもの城」にて、
知的障害をもつこどもたちを含めたガムラン・ワークショップ活動に携わる(2011年まで)。
ガムランスタジオ「音工場HANEDA」及び「音工場」にて講師を務めた(2017年まで)。
1999年より、人形とアジアの音楽による「ピリカラジャムルショー」を日本各地で公演。
2001年より、自作曲と世界各地の歌を、ピアノ、ガムラン楽器で弾き歌うライブを続ける。
2003年より、南インド舞踊のライブに、歌で出演。
2005年より、「ミラクル玉手箱」公演に出演。
2009年より、「サンバルクイナ」、および「BAYA4」の公演活動を行う。
2011年より、「コラージュライブ」に出演。



主な出演

ジャワガムラン演奏
旧東京音楽学校奏楽堂(’88)、カザルスホール(’89)、浜松フォルテホール(’90)
幕張メッセ(’91)、昭和女子大学人見記念講堂(’93)、山下公園(’94)
パシフィコ横浜(’95)、新潟フェイズ(’95)、フジタヴァンテ(’98)
春日部市民会館(’99)、銀座中学校(’00)、町田市立国際版画美術館(’03)
三鷹市芸術文化センター(’04、’07)、九州国立博物館(’06)、
音工場HANEDA(~’07)音工場KANDA(’08~’11)、日本橋公会堂(’09)、
音工場(’12~)アートサロンKOORI(’13)、船橋きららホール、北とぴあ(’14)、
東京藝術大学奏楽堂(’15)、岡本太郎美術館、霞が関ナレッジスクエア(’16)など。

「ICHIKO」公演
北沢タウンホール(’96、’97)、船橋市宮本公民館(’98)
かつしかシンフォニーヒルズアイリスホール(’99)
世田谷区深沢区民センター(’99)、勝沼町ぶどうの丘ホール(’00)

ジョイント公演
歌舞劇団田楽座とガムランゴングによる「ガムランゴングでサイサイサイ」(’97)
人形とアジアの音楽によるエンターテインメントショー「ピリカラジャムルショー」 (’99)
南インド舞踊と音楽「舟橋美香 バラタナティヤム」(’03〜)
アジアの踊り・ジャワのガムラン・日本のうた「ミラクル玉手箱」(’05~)
せたがやあ~っとフェスティバル(’08)
クラウン、マジシャン、ガムランによる「コラージュライブ」(’11〜)

中田一子弾き歌いライヴ(’03~)
門仲天井ホール、カフェスロー、修善寺ホテル、「多作」、音や金時、日本料理前田、
川崎市青少年の家、ウナカメラリーベラ、A.A.company、葛飾やくじん延命寺、
A.K Labo、JATI Seijo、麻布十番納涼まつり、日本工業倶楽部、芸能花伝舎、
山乃気、スタジオオリッシー、バリカフェ・モンキーフォレスト、高崎市中央公民館、
涵徳邸、両国門天ホール、やまびこ保育園、成城ホール、大和市渋谷学習センター、スタジオAR、等


編成

中田一子弾き歌いライヴ

中田一子1人の場合…ピアノと、小さなガムラン楽器を演奏しながら歌います。
演奏会場にピアノがあることが条件となります。

中田一子(歌、ピアノ、ガムラン楽器) 前田達彦(パーカッション)の2人
ピアノとガムラン楽器を演奏しながら歌います。
車で楽器を運搬します。
演奏会場にピアノがない場合は、デジタルピアノを持参します。
 
以上の基本形に、バリ舞踊、ギタリスト、を加えることができます。

ガムランゴング…ジャワガムラン古典曲と、世界の色々な曲をガムランアレンジしたものをジャワガムラン楽器で演奏し、歌います。
ジャワ舞踊、バリ舞踊を加えることができます。

上記のいずれも、会場条件によっては、PAを使用します。




2017年9月
中田音楽

0 件のコメント:

コメントを投稿